うつ病 原因 症状 治療 

うつ病の症状と原因、治療について

 2008年時点のデータによると、病院でうつ病と診断された人は全国で100万人を超えています。

 

 これ以外にも、日常的に気分が優れないとか気分にムラがあったりという人を含めると、潜在的なうつ病患者はもっと多くなると考えられます。

 

スポンサーリンク

 

 多くの人がうつ病やうつ病予備軍として悩んでいるのですが、自分にその症状がないとなかなか理解しにくいのが実情ではないでしょうか。

 

 このサイトでは、うつ病についての様々な症状とその原因や対処方法、予防方法などについて、分かりやすくご紹介していきます。

 

 うつ病についての理解を深め、ご自身を含めご家族や知人でうつ病で悩んでいる人の力となることを願っております。

 

うつ病って?

 うつ病とは、憂うつな気分を強く感じて、意欲がなく考えが不安定などの精神症状や眠れず疲れやすいなどの身体症状が長く続くことで、日常生活に支障を生じてしまう病気です。

 

 健康な人であれば、多少の憂うつ感は気分転換や時間の経過などとともに解消されていきます。

 

 しかしながら、何らかの障害で、憂うつ感が解消されずに長引いてしまい通常生活に支障をきたしてしまうとうつ病となってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

うつ病の症状って?

 うつ病の症状には、大きく分けて「精神的な症状」と「身体的な症状」とがあります。
 うつ病では、気分が優れないなどの精神的な調子だけではなく、身体的な調子も悪くなることが多いのです。

 

 このような症状が1日の中でも変わるということも、うつ病の特徴となっています。
 一般的には、朝が最も悪い状態で夕方になるに従って良くなります。

 

うつ病の精神的な症状

 うつ病の精神的な症状としては、感情的な面や意欲的な面でマイナス方向になってしまうことが多く見られます。

 

感情的な面

 気分が憂うつで訳もなく寂しかった悲しかったり、また、不安やイライラを感じたり、無感動になってしまうなどがあります。

 

意欲的な面

 好きなことにも興味がなく無関心になったり、何もかもが億劫で人と話したりするのが面倒になったりします。

 

うつ病の身体的な症状

 うつ病には、精神的な症状の他に身体的な症状が伴うことがあります。
 主な身体的な症状としては、不眠や疲れ、だるさ、食欲不振などがあります。

 

うつ病の原因は?

 うつ病の原因やその発症メカニズムについての詳しいことはまだ解明されていません。
 しかし、本人の性格と環境によるストレスが、うつ病の発症に大きな関係があるとされています。
 さらに、脳内の神経伝達物質の減少など、脳そのものの機能異常が現れていることも明らかになってきました。

 

 次はこちらの記事です。 
 うつ病の特徴!その表情や話し方は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。