うつ病 家族 うつる 別居

家族がうつ病に!別居しないとうつる?

 家族がうつ病になった場合には、別居した方がいいのでしょうか。

 

 うつ病や統合失調症などの精神疾患については、社会の認知がだんだんと広がっています。
 特にうつ病は社会問題化しており、企業での対策も以前と比べると進んで来ています。

 

スポンサーリンク

 

 しかし、未だに家族の中に精神疾患者が出ると、なかなか表に出すことが出来ないという人はたくさんいます。
 うつ病の患者が家にいると、ついつい気を遣ってしまって、ほかの家族も精神的に参ってしまうしまうケースは無いとは言えません。

 

 しかしながら、この状態を「うつる」と勘違いして、最初から病人を別居という形で切り離してしまう家庭があることは悲しいことです。

 

 本当に家族として愛情があるのなら、発症してしまった本人の身になって行動することが大切です。

 

 ある程度うつ病患者をそっとして置くという態度は、場合によっては必要なこともありますが、別居にまで発展してしまうと家族というものを根本から壊しかねません。

 

 別れて生活することは、絶対に避けるべきです。
 患者がいると子どもに悪影響を及ぼすというのも考えすぎです。

 

スポンサーリンク

 

 では、うつ病患者が家庭に出てしまった場合にどのような態度をとったらいいのかをまとめてみます。
 患者からしてみれば、いつものように接してくれるのがいいと言えます。

 

 必要以上に腫れ物に触るように接してしまうと、患者も、取り巻く家族も、気を遣い過ぎて疲れ切ってしまいます。
 できるだけ依然と変わらないような環境こそ大切なのです。
 逆に怠け病と勘違いして、攻撃的になってしまう人もいますが、言うまでもなくこれは逆効果です。

 

 また、楽しいことをさせればいいと思って、外に積極的に誘い出したりする人もいます。
 これは、かなり回復が進んだ時はいいですが、抑うつ状態が続いている時は休息を取らせるのが最優先ですから、避けるべきです。
 徐々に元気が出て来たら、外出や旅行などを楽しむようにします。

 

 大事なことは他の病気もそうですが、周りの人の理解なのです。
 早く治ってもらいたいと思う気持ちは分かりますが、焦らず見守ることも肝心なのです。

 

 次はこちらの記事です。
 夫婦でうつ病に!その接し方とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。