うつ病 薬 お酒 眠くなる

うつ病の薬で眠くなる!お酒を飲んでも大丈夫?

スポンサーリンク

 

 うつ病の薬とお酒の関連性についてお話ししましょう。
 うつ病とは精神面でのトラブルが起因し、ホルモンなどのバランスが崩れ様々な不調が現れるものです。

 

 精神的、肉体的な不調として表面化することもありますが、適切な治療を行うことで症状が改善するケースが多いです。
 精神科やカウンセリングなどの受診、症状や体質にあった投薬治療が多く行われています。

 

 薬にも個人との相性や適切な量があります。
 服用量や時間などは医師の指示に従います。
 副作用、禁忌などは確認が必要です。

 

 うつ病の症状の一つに不眠があります。
 不安感や焦燥感などから不眠がちになり、安定を欠くこともあります。
 不安感などを抑える種類の薬の中には副作用として眠さを感じるものもあります。

 

 また不眠の症状が強い場合、睡眠を促進する薬が処方されるケースもあります。
 こういったタイプは飲酒を避ける必要のあるものも有ります。

 

スポンサーリンク

 

 眠くなる効果のあるものはお酒と共に摂取することで効果が強く出すぎてしまうこともあるからです。
 またこの病に限らず、治療中の飲酒は有益でないとされるものが多いです。

 

 付き合いなどでどうしても飲酒を避けられないことがある場合は、主治医に確認すると安心です。
 どういった状況でどれくらいの分量であれば可能なのか、または不可なのかを明確にすることでトラブルを回避することが可能だからです。
 生活や状況を改善することでこの病も改善するケースが多いです。

 

 お酒は楽しいものではありますが、病に侵されている場合は病気の回復が優先されます。
 良質の睡眠をとることは健康に効果があるとされています。

 

 通常時の飲酒も睡眠だけに注目した場合は、眠りが浅くなるというデータもあります。
 うつ病は適切な治療や状況への対応で症状を抑えることが可能です。

 

 次はこちらの記事です。
 頭痛に吐き気、めまいや動悸がするのはうつ病が原因なのか?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。