うつ病 バイト 辞める

うつ病になってもバイトは辞めるべきではない?

 うつ病になってもバイトは辞めない方がいいのでしょうか。

 

 うつ病の原因の多くがストレスが過剰にかかる事であり心がその負担に耐える限界を超えたから発生しますが、そこには様々な症状や要因が更に重なってくるので気を付けるべき点もあります。

 

スポンサーリンク

 

 うつ病になると様々な事に関して支障が出て来て今まで簡単に出来た仕事さえ困難となり、更に自分を追い込む結果となるので早期の対策と解消と言った物に専念する必要もあるのです。

 

 ただこれらの症状の厄介な所は経験した事が無い人にとってはなかなか理解出来ない面にあり、それはより身近なはずの家族であっても同じなので他人とも成ると更に厳しい物となります。

 

 この苦しい状況から逃れる為に大抵の人はバイトを含め仕事を辞める事にも成るのですが、その方法は寧ろ悪化への第一歩となるのでその他の手段を探る方が良いのです。

 

 幸いにも近年ではうつ病への理解も進んでいて相談センターと言った物もありますので、それらを通じてサポートを依頼すると言った事も出来ます。

 

 うつ病は極度の不安も悪影響を与えるのでバイトでさえも辞めると将来的な心配が増加し、その後に立ち直るにしても再びゼロからのスタートとなるので抱える負担が増える事にもなります。

 

スポンサーリンク

 

 この様な点を考えると仕事関係はあくまでも休職扱いにして復帰し易い形を取るのが望ましく、職場自体にも相談して自身の悩みと置かれている状況を一緒に成って解決を図る方が良いのです。

 

 自身で動くのが苦痛であればサポートセンターを利用した形でクッションを置くのも良いので、とにかく何もかも投げ出すと言った事だけは避ける事が大事となって来ます。

 

 その上で治療等に専念すると後の心配事も軽減されるので回復に向けても良い結果が得られ、全快すれば再び元の仕事に戻る事も出来るので好循環とも成るのです。

 

 ただこれらのうつ病は自分自身だけでは絶対に解決出来ないので無理をする事だけは禁物であり、誰かの助けを借りる事を前提として動く様にすると良いのです。

 

 次はこちらの記事です。
 うつ病で退職!その後を考えた辞め方とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。