うつ病 退職 辞め方 その後

うつ病で退職!その後を考えた辞め方とは?

 うつ病は時として会社を退職せざる得ない状況ともなり結果的にそれが良い方向に向かう事もありますが、うつ病の原因が会社にある場合は辞め方も考えて対処をする必要があります。

 

スポンサーリンク
 

 

 うつ病は非常に苦しく動く気力さえも奪ってしまうので場合によってはその後の事を考えて行動も出来ないので、何かしらの対処をするにしても必ず協力者を作っておくべきです。

 

 これらの症状の特徴の一つとしては自分自身を責めるという傾向も強いので会社へ迷惑がかかる事を避けがちですが、自身が立ち直るキッカケ等を見つける為には辞め方にもある程度工夫する必要もあります。

 

 万が一職場の環境や仕事上の事が原因でうつ病が発生していればそれは自分に非はなく、寧ろそこまで追い詰めながらも何ら有効な手段を打たなかった会社側にも問題があると考えるべきなのです。

 

 そこで良い職場なら治療に関しても積極的になる事もありますし事情によっては金銭的な負担や、一時的に休むと言った形でより良い方法を一緒になって探ってもくれます。

 

スポンサーリンク

 

 ただしこの様な結果を呼び込めるかどうかは結局は患った本人がどれだけ話を出来るかにもかかっていますので、何の段階も踏まずに退職話だけを切り出すとトラブルを起こして更に症状を悪化させるのです。

 

 勿論ですが自分が動けないといった場合には第三者を介する形でも良いので伝える事が大事で、必要ならば予め医者の診断を受けて診察結果等も添付すると良いのです。

 

 その上で自分の取るべき道を決める様にしその後の事を考えた選択肢を残すのが一番であり、行き成り退路を全て遮断した形で退職するのは問題を長引かせる事にも繋がるので多少の我慢も必要となります。

 

 うつ病は周囲の助けがあれば改善しますし立ち直る事も可能ではあるのですが、自らサインを出さなければ手を差し伸べる事が出来ない事にも注意すべきです。

 

 次はこちらの記事です。
 うつ病での平均的な休職期間はどれくらい?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。