うつ病 表情 話し方 特徴

うつ病の特徴!その表情や話し方は?  

 うつ病では、その表情や話し方にどのような特徴があるのでしょうか。

 

 毎日忙しく働いている人がいますが、人と接することでさまざまなストレスがかかり、それを上手に発散することができない人がたくさんいます。
 ストレスは現代病と言っても過言ではありませんが、ひどくなるとうつ病を発症することもあります。

 

スポンサーリンク

 

 うつ病は心の風邪とも言われことがありますが、肉体的な風邪のようにすぐ治るものではありません。
 うつ病は、脳神経細胞の機能低下などによって発症する病気です。

 

 うつ病を患っている多くの人の表情はうつろで活動性があまりありません。
 特徴としては、非常に落ち込んでいることとやる気がみなぎって異常に明るいことが繰り返し見られるようになっています。
 すなわち気分の浮き沈みがあり、陰と陽があるということになります。

 

 このような患者に対する話し方にはとくに注意をする必要があります。
 病気を発症すると気持ちがふさぎ込んでしまい、精神的に非常につらい状態になるからです。

 

スポンサーリンク

 

 このような病状をしっかりと理解して、患者さんに接する必要があります。
 また話し方としては避けたい言葉もあります。
 少しでも元気になってもらいたいからと勇気づけるような言葉をかけることがありますが、このような言葉は患者さんにとっては禁句となります。

 

 それはなぜなのかというと、うつ病の患者さんにとっては、この励ましの言葉が大きなプレッシャーとなってしまうからです。
 精神的な負担になりさらにストレスを発生させてしまいます。

 

 また、「ご飯を食べてと」いうような言葉や「お風呂に入って」というような言葉も、内面に踏み込んだ言葉になるので禁句です。

 

 このため、心理的に受け入れるということと、声のトーンを優しいものにするということ、批判するようなことは言わずに聞く側に徹するということが大切になります。
 相手に寄り添って話を聞くことがポイントとなるのです。

 

 次はこちらの記事です。 
 うつ病かどうかを他人がチェックする方法とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。