バス 運転手 うつ病

バスの運転手にうつ病が多いのは?

 バスの運転手には、うつ病が多いのでしょうか

 

 現代社会での病気の特徴に精神的な疾患が多くなっていることが挙げられます。

 

 めまぐるしく変化する今の社会では、仕事や生活に実の多くのストレスがかかってくるようになります。

 

スポンサーリンク

 

 それらのストレスを適度に発散しながら、仕事や生活をこなしていくことが有意義な人生を送る上でも大切になってきます。

 

 しかしながら、どうしてもそういったストレスを上手に処理できなかったり、過度のストレスを受け続けたりすると、心身に様々な影響を及ぼしてしまうようにもなります。

 

 この一つに、うつ病があるでしょう。

 

 うつ病になると、精神的にも身体的にもいろいろな不調が現れてくるようになります。

 

 気分の落ち込みや不安、イライラ、気力の喪失などといった精神的な不調だけでなく、不眠や食欲不振、疲労感などといった身体的な不調も同時に発症することが多く見られます。

 

 このような症状が、一時的に現れるのであればそれ程気にすることはないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 しかしながら、なかなか解消されず長期に渡ってこのような症状に悩まされるよになると、事態は深刻化していきます。
 早めにメンタルクリニック等の専門医に診察を受けて対処していくことが大切です。

 

 このようなうつ病になりやすい職業の一つに、バスの運転手が挙げられるのではないでしょうか。
 それも、観光バスなどで長時間に渡って運転することの多い運転手には、過度のストレスがかかることが考えられます。

 

 早朝や夜間などの不規則な乗車で、決まった休みも取れないような勤務ともなると肉体的にも精神的にもとても辛くなってくるものです。

 

 さらに、規制緩和によって同業他社との競争も激しくなってきており、賃金等の待遇面でも厳しい状況にあると言えるでしょう。
 そのような状況での勤務が続くと、ストレスに押しつぶされてうつ病を発症してしまうこともあるのです。

 

 運転手本人の努力だけでは、解決できない問題もあるわけで、会社や監督官庁側からの適切な対応が求めれるようになってきます。

 

 次の記事はこちらです。
 銀行員にはうつ病で退職する人が多い?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。