銀行員 うつ病 退職

銀行員にはうつ病で退職する人が多い?

 銀行員にはうつ病で退職する人が多いのでしょうか。

 

 近年、銀行員のうつ病というのが増えているそうです。
 銀行は、昔から文化系大学生の就職希望先で上位を占めていたものです。

 

スポンサーリンク

 

 比較的安定しており、待遇面もよく、実績次第では将来の幹部候補にもなれるというところが人気のあった理由なのではないでしょうか。

 

 ところが、近年は銀行の破綻や合併も見られ、昔のようなイメージはなくなってきています。

 

 大学生の就職希望先でも、残念ながら上位から消えてきています。

 

 実際に就職してみると、銀行員の仕事というのは、想像以上の激務だという話もよく聞かれるところです。

 

 新人であってもノルマが厳しく、達成するためには、遅くまでの残業や場合によっては休日出勤もやらざるを得ないという状況にもなってしまうそうです。

 

 また、人様のお金を扱うという性質上、間違いの許されないものになります。

 

 そのような激務やノルマ達成のプレッシャーなどによって、うつ病になってしまう銀行員も多くいるのです。

 

 勿論、そのような仕事でもしっかりと成果を出して、出世街道を歩んでいるエリート行員もいるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 でも、それはほんの一握りに過ぎないでしょう。
 ほとんどの銀行員は、大きなストレスを抱えたまま、日々の業務に追われていることだと思います。

 

 うつ病になったとしても、銀行のような大企業では会社自体の健康管理体制がしっかりしているところが多いので、休職しての治療に専念できることもあります。

 

 ただ、うつ病は一度発症すると、回復するまでにはかなりの時間がかかる病気です。

 

 また回復して復職しても同じような状況に置かれると再発することも多い病気です。

 

 二度、三度と休職、復職を繰り返すとなると、現実問題として、会社にはいずらくなり退職を余儀なくされるようになってしまいます。

 

 退職しないようにするには、うつ病にならないようにすることです。

 

 うつ病にならないためには、仕事に誇りや生きがいを見つけて多少のプレッシャーなど跳ね除けるくらいの情熱を持つことも大事になってくるでしょう。

 

 銀行員という仕事は、社会的にとても重要なものです。

 

 誇りを持ちましょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。