うつ病 復職 挨拶

うつ病からの復職では挨拶が大事です

 うつ病からの復職では挨拶をしっかりすることが必要なのでしょうか。

 

 現代の社会では、うつ病にかかる人がとても多くなっています。
 メンタルクリニックや心療内科では、診察待ちの人達を数多く見かけるようになりまっています。
 しかも、事前の予約が必要なことが多く、初診でいきなり行ってもなかなかスムーズに診察してもらうのは難しい状況です。

 

スポンサーリンク

 

 また、うつ病は一度発症してしまうと、治すのが難しい病気で、どうしても時間がかかってしまうものです。
 仕事にも大きな影響を与えることも多く、往々にして休職ということになってしまいます。

 

 ただ、休職して治療に専念できるというのは、ある意味恵まれた環境とも言えるのではないでしょうか。
 最近の職場環境に於いては、ブラックとも呼べる場合も少なくない状態で、そのような職場では退職せざるを得ない状況になることの方が多いでしょう。

 

 また、治療後に復職できるというのも、実に恵まれています。
 そのような理解のある職場と縁があったとことに感謝してもいかもしれません。

 

 それだけに、復職してからがより一層大事になってくるのです。
 ただ、いきなり以前のような仕事ができるわけがないので、徐々に戻していけばいいでしょう。
 それでも、復職直後の挨拶は極めて重要なものです。

 

スポンサーリンク

 

 直属の上司や同僚は勿論、関連部署の人達にもきちんとした挨拶をして、自分が戻ってきたことを伝えなければいけません。
 また、休職中にかけた迷惑や恩義にも改めて、謝罪やお礼を述べることも大事になります。

 

 そして、これから元の状態に戻して行くのに必要な段取りや仕事の進め方を上司や同僚、産業医などとよく確認するようにしましょう。
 間違っても、焦りは禁物です。
 できることから一つずつ、着実にこなしていきましょう。

 

 かと言って、大きな甘えも避けたいところです。
 できないのが当たり前というのは、最初にこそ許されるかもしれませんが、徐々に厳しくなっていきます。

 

 仕事なのでそれが当然なのですが、一度休職で職場を離れるとその感覚さえ失われてしまうこともあるのです。

 

 焦らず、急がず、諦めず、着実に前に進んで行きましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 うつ病の診断では嘘がまかり通る?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。