うつ病 入院 基準 レベル

うつ病で入院?その基準は?

 

 うつ病では、通常、通院しながら治療することが多くなっています。

 

 しかしながら、症状が重い場合などには入院となることもあります。

 

スポンサーリンク

 

 ここでは、どのような場合に入院となるのか、その治療はどのようなものが行なわれるのかについてお話ししていきます。

 

 うつ病で入院になるのには、明確な基準があるわけではありません。

 

 医師がその時の患者の状態を判断して、入院の必要性を決めるようになります。

 

 概ね、以下のような状態にある場合には入院となることが多くなっています。

 

・自殺や自傷の可能性が極めて大きい
・食事を摂ることができず、身体が衰弱している
・睡眠を取ることができず、疲労困憊している
・家族と一緒にいることができす、1人にならざるを得ない

 

 このような重度のうつ病では、入院することで病院スタッフの看護の元、適切な治療が受けられるようになります。

 

 特に、自殺や自傷の可能性がある場合には、そうならないような状態に置くことがとても大切になってきます。

 

スポンサーリンク

 

 治療では、薬物療法を中心として精神療法や作業療法などを取り入れるようになり、医者や専門家との連携によって適切な治療が行なわれるようになります。

 

 また、入院することで、外界との接触を避けて余計なストレスを受けなくて済むようなメリットも出てきます。

 

 生活自体も規則正しくなるため、治療へのよい影響が期待できるようになります。

 

 食事や服薬がきちんとできないような場合でも、病院スタッフの誘導により好ましい状態へと向かうことが期待できます。

 

 睡眠障害については、適切な睡眠薬の服用で徐々に正常な睡眠が取れるようになります。

 

 なお、入院中の家族等に面会については、患者の症状に応じて担当医師が可否を判断することが多くなっています。

 

 本人の状態によっては、家族でさえ面会を避けた方がいい場合もあるので、医師の判断に従うようにしましょう。

 

 面会時には、事前に病院側に連絡をして確認しておくことが必要でしょう。

 

 次の記事はこちらです。
 10年以上治らないうつ病は危険なのか?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。