うつ病 治らない 10年以上

10年以上治らないうつ病は危険なのか?

 10年以上治らないうつ病は危険なのでしょうか。

 

 うつ病になると心療内科や精神科、メンタルクリニックへ行って診察してもらうのが一般的です。
 というよりも、何だかおかしいということで、周りの人から診察を勧められ、うつ病と診断されることが多いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 病院でうつ病と診断されると、ほとんどの場合は薬が処方されます。
 抗うつ剤や睡眠導入剤などが一般的です。

 

 これらの薬を服用しながら、経過観察となるのがごく普通の治療方法です。
 しかし、一時的に効果を感じられてもそのほとんどの場合でさらなる症状悪化に向かってしまうようになります。

 

 そのため、再度病院で診察を受けて、より効果の高い薬への変更や服用する量を増やすということになります。

 

 その結果、どうなるかというと、一時的な好転はあっても元の状態に戻ってしまうことが多くなります。
 そして、再度の薬の変更や増量ということを繰り返していき、薬漬け状態になってしまうことも珍しくありません。

 

 こうなると、治療のためというよりは、現状維持のために薬を飲むようなことになってしまい、回復するのは極めて困難になってしまいます。

 

 下手に薬を減らしたり、服用をやめたりすると、その反動で思わぬ症状が出てしまうようなこともあります。
 もはやドラッグみたいなもので、薬なしでは生きていけないという状況に陥ってしまうようにもなります。

 

スポンサーリンク

 

 うつ病が治らないで、10年以上も薬を飲み続けているという人も多くいます。
 完全に薬漬けの人生といってもいいでしょう。

 

 このような薬だけに頼る治療は、日本独自のものらしいです。
 欧州などの精神医療の先進国では、患者の置かれた状況をよく考え、心の問題をきちんと受け止めようとする医療が中心になっています。

 

 うつ病は『心の風邪』と言われてますが、日本では普通の風邪と同じような薬物療法が一般的で、患者の心に向かい合うような医療がなされていないのが残念なところです。

 

 薬には、「毒をもって毒を制す」といった意味合いが強いのが実情です。
 そのために、思わぬ副作用にさいなまれるといったことや、効果がなかったらさらに強力な薬という悪循環に陥ることがあるのです。

 

 10年以上も薬を飲んで治らないうつ病は危険です。
 一生、薬が手放せなくなる恐れが極めて大きいからです。

 

 次の記事はこちらです。
 うつ病と診断された時のデメリットとは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。