うつ病 わがまま 違い

うつ病とわがままの違いって何なのでしょう?

 うつ病とわがままの違いって何なのでしょうか。

 

 今の複雑な世の中では、うつ病になる人も大変多くなってきており、100万人以上の人がうつ病に悩んでいると言われています。

 

スポンサーリンク

 

 日本の人口を1億人として計算すると、100人に1人はうつ病ということになります。

 

 さらに、日頃から気分が優れないなどのうつ病予備軍を入れるともっと多くなってきます。

 

 このようなうつ病ですが、最近では、新しいうつ病が増えてきているのを知っているでしょうか。

 

 俗に「新型うつ病」とも呼ばれているタイプです。

 

 従来のうつ病は、どちらかと言うと中高年の男性に多く見られたのですが、新型うつ病では若い女性の間で多く見られるようになってきています。

 

 ただ、新型うつ病は医学的に認められたものではなく、その診断基準も揃っていません。

 

 このうつ病と新型うつ病の大きな違いは、その患者の人間像(中高年男性と若い女性)をそのまま反映したようなものと言われています。

 

スポンサーリンク

 

 うつ病では、本人の意志で怠けているのではなく、身体が言うことを利かない、動けないといった傾向にあります。

 

 それに対して、新型うつ病では、好きな事には積極的なのに、ちょっとでも嫌なものには関わりたくないという傾向が見られるようになります。

 

 このため、うつ病というよりは、単なるわがままのように思われて周りとのトラブルになるということも珍しいことではありません。

 

 本人にしてみれば、わざとそのようにしているのではないのですが、周りからはどう見てもわがままに感じてしまうのです。

 

 また、うつ病では、何かの失敗を自分のせいと決め込んで全ての責任を取ろうとするような傾向があります。

 

 一方、新型うつ病では、そのような失敗は自分のせいではなく、環境や他の人に責任を求めようとする傾向にあります。
 このような行動も、周りからは無責任でわがままと思われてしまうのです。

 

 この新型うつ病での行動がどうしてもわがままに感じてしまうのは、うつ病になったことがない人にとっては致し方ないことでもあります。

 

 新型うつ病とはそういうものなんだ、と考えないととても理解しにくいものです。

 

 心が少し疲れているから、と温かい気持ちで接してあげることも大事なことです。

 

 次の記事はこちらです。
 うつ病で寝たきりになったら回復できるのか?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。