うつ病 病院 行きたくない 対処方法

うつ病でも病院へ行きたくない!その対処方法は?

 うつ病でも病院へ行きたくない時には、どうしたらいいのでしょうか。

 

 重度のストレス症状からうつ病を患った場合、最初は自分でストレステストをして気付いたり、他人から指摘されて気づく場合が殆どです。
 今まで健康と思っていた人からすれば、「うつ病」であることに抵抗を持ってしまいがちです。

 

スポンサーリンク

 

 病院の診療科目も精神科、と、何をする場所科いまいちイメージ出来ないものですから、うつ病特有のマイナス思考も手伝って、行きたくないと思ってしまう気持ちがどうしても出てしまいます。

 

 しかし、うつ病は心の風邪、とも言われるように、放っておいても治りにくく、適切な処置をしないままストレスを蓄積してしまっては悪化する一方なのです。
 重い腰を上げて病院にかかってみることが治療の最初の一歩になるのです。

 

 辛い状況を聞いてもらえるということ、少し楽になる薬を出してもらえること、必要に応じて配属を変えてもらう、もしくは休みが必要であるという旨の診断書を書いてもらうことで、うつの辛さを少し緩和するだけでも病院に行くメリットはあります。

 

 いざ病院へ行ったからといって、自分の病気を受け止め、向き合うのは多少時間がかかることもあります。
 精神的な病というのはデリケートな問題なので、深く考えずに、まずは主治医に相談するだけという軽い気持ちで行くのがオススメです。

 

スポンサーリンク

 

 うつ病と診断される人は、実は口に出さないだけで、かなりのストレスを内面に抱えているのです。
 内面のストレスをどうにか吐き出したり消化しない限り、気持ちの辛さは晴れないのです。

 

 いつもマイナス方向に物事を考えてしまったり、全てから逃げ出したい気持ちを抑えられないこともあるでしょうから、まずは身の上話からでもいいので口に出して他人に聞いてもらいます。
 辛さは口から出てどこかへ行ってしまい、先生からも助言を受けることが出来、少し幸せになれるのです。

 

 もし、どうしても家から出られない、どこにも行きたくない、と言う場合は電話やメールで話を聞いてもらえる場所も多数あるので、それを最初のステップにしても良いのです。

 

 辛い時には出来ればそばに居てくれる人が居るとなお安心です。
 もちろん無理は禁物ですから、とにかく焦らずに対応することが重要です。

 

 次はこちらの記事です。
 うつ病の妄想と病名の種類は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。