うつ病 回復期 悪化

うつ病の回復期には悪化に注意?

スポンサーリンク

 

 現在、うつ病で悩んでいる人はとても多くなっています。
 国内では約100万人以上の人が医療機関でうつ病と診断されています。
 病院へも行っていないうつ病予備軍の人達を含めるとさらに多くなってきます。

 

 うつ病の原因は未だにハッキリとしたことは分かっていません。
 様々な要因が複雑に絡み合って発症すると言われていますが、その一つに脳内の神経伝達物質の異常が挙げられます。

 

 このため、うつ病に治療には、この神経伝達物質による影響を補うような薬物を使用していくことが多くなってきます。
 いわゆる抗うつ剤や抗精神病薬と呼ばれている薬です。

 

 症状に合わせてこれらの薬を服用するようになってきます。
 また、必要に応じてカウンセリング等の治療を取り入れる病院もあります。

 

 これらの治療を進めることで徐々に症状も治まるようになってきますが、この時期を回復期と呼んでいます。
 傍から見ていても良くなっていることが分かることもあり、治療の効果が現れたと思うようになります。

 

スポンサーリンク
 

 

 本人も気分が良くなり、動きがスムーズになるのを実感できるようになってきます。
 日常生活にも張り合いが出てきて、何をするのも億劫になるということも少なくなってきます。
 ただ、このような回復期には注意が必要です。

 

 それまで服用していた薬をついつい忘れてしまったり、或いは減らしたり、やめてしまったりするようになることがあります。
 また、カウンセラー等の話も疎かになってしまったりするようになることがあります。

 

 このようなことはうつ病の悪化につながる恐れがあるので注意しましょう。
 自分勝手な判断で薬を減らしたりやめるのは却って危険です。

 

 自分で良くなったと思っても、主治医から見たらまだ充分でない場合もあるのです。
 うつ病が完治したかどうかの判断は専門家である医師に任せた方が安全です。

 

 しかも、うつ病は再発し易い病気と考えられています。
 例え、薬をやめることができたとしても、その後のカウンセリング等を定期的に受けて常にチェックしてもらうことも大事になってきます。
 自分だけで判断せず、その道のプロからの診断も受けるようにしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。